diemホワイトニングは、ステインの影響でくすんでいる歯を白くすることができるホワイトニングアイテムです。

ペーストは医薬部外品で歯石の沈着を防ぐゼオライトや歯と歯茎を健康に保つグリチルリチン酸Kが配合されています。

そのほかにも保湿成分として、ドクダミエキスやホップエキス、ワレモコウエキス、またシャクヤクエキス、トウキエキス、ウーロン茶エキス、茶エキスが入っています。

口コミでも歯がだんだん白くなってきたというコメントも多く好評ですね。

ところで、diemホワイトニングは自分の歯だけじゃなくて、差し歯にも効果を期待できるんでしょうか?

差し歯には大きく分けるとレンジとセラミックがありますね。

レンジはプラスチックでできていて、セラミックは陶器ですね。

レンジの差し歯で、表面についている汚れはdiemホワイトニングで取ることができますよ。

ただ、レンジの場合はある程度の年月が経つと変色してきます。

水分を吸収するので色も吸収してしまうんですね。

レンジそのものが変色してしまった場合は、diemホワイトニングを使っても白くなりません。

その場合は交換するしかないですね。

それに対してセラミックの場合はほぼ変色しません。

多少つやがなくなる程度です。

diemホワイトニングでさらにきれいにできますよ。

また、セラミックの差し歯を入れていると自分の歯のほうが変色してきて色の差が出てしまうということがありますが、diemホワイトニングを使えば、自分の歯も白く保つことができるので差もつきにくいですね。

刺激の強い成分が含まれているわけでもないので差し歯に悪影響を与えることもありません。

残っている歯を健康に白く保つためにもおすすめです。

diemホワイトニングを試してみる前に体験者の口コミや期待できる効果をさらに確認しておきたい人は、「diem(ディエム)ホワイトニングの効果は本当!?口コミで見た事実!」の記事で詳しくお伝えしていますので参考にしてください。